GJ日記・改

北海道、札幌で活動する劇団、 「演劇公社ライトマン」総裁GJが綴る何某。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デカイ!キレテルキレテル! 

もうダメです。

一月くらい前に、スーツのズボンがケツから破れたわけですが、
またもや、しかも別のスーツのズボンが、気がついたらケツ裂けてました。
仕事中、なんか変だな、と思ってケツに手を当てたら、裂けてた。
その日は一日中仕事だったので、ひどい辱めを受けながら勤労したのでした。

だってさ、お客さんも何もかも誰も言わないけどさ、
明らかにケツが破れて、迷彩柄のタイツが見えてる青年がいるんですよ。
おかしいよね。

ケツばかり破れる原因は、僕が自転車乗りだから、と言う事に公式にはしておきますが。
だって、自転車乗る時用のパンツとか売ってるくらいだからね。
本当は、ドンドン僕が太っていってるからだと言う事を、
おまえら知ってるんだろ!

ワーキングプアに拍車をかけるエンゲル係数の高さが問題なんですよ。
外食、買い食い、ホントダメね。
最近では、胃も疲れて、あんまり食いたくないなって思っても、
結局メシの時間になると、ブヒーブヒーっつってモリモリムシャムシャ食っちゃうからね。

ダメだホント。

それもですよ、なんかこう、気の優しいおデブチャン的な太り方をすれば、
そりゃあモテ度はより下がりますが、なんかこう、好感度は上がるんじゃないかな?
みたいな欲目も出ますが、固太りって言うんですか?
ガシッ!ズシッ!てな感じで、大きくなっていってるので、
僕なんかは、B-BOYはみんな怖い奴みたいな偏見を持ってますが、
それと同じで、なんかデカイ髭怖い!みたいなね、感じになるんじゃなかろうかと。
気を揉んでいるわけです。

つい先日も、稽古場の前で犬にうんこさせてるチャラ男系のオニイチャンがいて、
門のど真ん中でさせてるもんだから、ちゃんと持って帰るのかなあなんて心配しながらチラ見して、
まあ最近はお散歩マナーも向上してるし、大丈夫だろうと、自転車に鍵をかけてですね、
ふと振り返ると、うんこほったらかしなんですよ!
で、飼い主は早歩きで立ち去ってるんです。

思わず僕は、「コラッ!」って叫んで、後を追ったんですが、
猛ダッシュで逃げていきましてね。
まだ曲がり角じゃないのに姿が消えてしまいまして。
でも犬連れてアパートに帰るわけでもなかろうと、消えた位置から推理してですね。
このアパートの裏かな?と駐車場を覗き込んだら、見つけてしまいましてね。

なんか勢いで追いかけてみたものの、ヤベー茶髪のニイチャンコエーなと。
下手に注意して、ナイフで刺されたらどうしようと、ガクブルしながら言ったわけですよ。

「おう兄ちゃん、うんこ持って帰れよ」

ってね。
そうしたらまあ、意外と素直に応じてくれて、もめることなく済んだんですが、
そのオニイチャンがね、うんこ拾った後にすごい謝ってくるんですよ。
「スンマセンした、ホントスンマセンした」って。
「そんな謝らなくていいから、もうするなよ」と、無事一件落着、良かったね!
なんて思ってたんですけど、よく考えたら、あれ、僕が怖かったんだな、と。
夜中に、全身黒ずくめで長髪、顎鬚を生やした太目のお兄さんに追いかけられたら、
たとえ自分が犬のうんこ放置したからとは言え、それ以上の緊急事態だよな、と。

あの逃走も、うんこ放置に対する逃走ではなく、追いかけてきた僕への逃走だったと考えれば、
あの平謝りッぷりも納得です。
悪いことしたな、と反省しきりです。

でもみんな、うんこは拾って帰ろうぜ!

と、言う訳で、着れるスーツもなくなりそうな僕は、
ちょっとマジで本格的に、節制しなくてはいけないです。

この一年くらい、ずっとそういってる気がします。

くそう!

やー!
スポンサーサイト
( 2011/03/29 15:56 ) Category 雑文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
DigitalClock
プロフィール

GJ

Author:GJ
力いっぱい札幌で活動しています。
俳優・演出家重堂元樹の日記帳。
劇の仕事、なんでもやります。
次回は2013年3月、新作!
劇団員・出演者募集中!

僕の一言
バロメーター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。