GJ日記・改

北海道、札幌で活動する劇団、 「演劇公社ライトマン」総裁GJが綴る何某。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久方ぶりの衝撃。 


稽古場近くの喫茶店のメシ。
安くてデカくてうまい。
昔あけぼのを使ってた頃よく通った店。
またあけぼのユーザーになった今、久しぶりのその店は、何も変わっていなかった。
ベタつく美味しんぼに、くすんだメニュー。
孤独のグルメに出てきそうだな、なんて。
大変よろしい。

さて、今日のタイトルはそのことじゃなく。
先日観劇した笑いの内閣と言う劇団について。
京都から遠征してきた劇団だそうで、劇中で実際にプロレスをやるのがウリの集団。
劇の内容に触れるのはよしますが、やたら大勢でしっちゃかめっちゃっか2時間半もやるスタイルは、今はなき某劇団を思い出しました。

何に衝撃受けたかったって、そのプロレスね。
端折らずしっかり5試合くらいやるんだけど。
女子もちゃんと戦うの。
それがウリだから、皆さん筋骨隆々だと思うでしょ?
それがね、誰一人たくましい人いないの。
むしろもやしっこばっかりなの。
色白な人なんか、叩かれ過ぎて真っ赤になるどころか、内出血して、虐待された人みたくなっちゃうの。
後ろで観てた女の人、「うわぁ…」
って言ってたからね。

そんな衝撃。
でも良かった。
なんて言うの、ひたむきに肉体と闘う姿に感じ入るものがある。
しかも、プロレスって言う理屈に沿って、嬉々としてやってるのが良い。
愛があるよね。

ほら、たまに演劇だと、マジで稽古中に人殴っちゃう方だとか、嫌がらせかのように身体的に無茶させられるとか、ブラック企業みたいな事あるじゃないですか。(あるんです)
まあそんな行為にも理屈や愛はあるんだろうけど、屈折してるよなって感じるじゃないですか。

理性を勝ち得、思考を許された人類なんだから、わかる言語でコミュニケートしたいじゃないですか。
で、プロレスだって無茶するじゃねぇかって思うかもしれませんが、あれは、お互い同意の上で、肉体言語を駆使して語り合ってる訳ですよ。
それが手段であり目的、みたいな。
暴力は、目的のための手段でしょ。
恐ろしい。

何が言いたいかって?
もうわからん!
健全で良かったって話かな?


先週末はそれとは別に、怪獣無法地帯も観ました。
こっちは、打って変わって一時間くらいの劇。
肉体言語駆使することも、暴力もない優しい劇でした。
でもどうして僕は観てる間中、胸が痛かったのはなんでなんだぜ。

おう、今日の日記はずいぶん力作だねぇ。
回数少ない分を、文章量でカバーしようって魂胆だな!
浅はかなやつ!

あと、にちゃんねるが、サイバーテロにやられてる。
すげーよなー、こんなんもう戦争だよな。
近代は、先進国間では直接戦争行為が行われることは殆ど無いけど、
こんなんしてたらマジで戦争になるんじゃねえの?
って言う、子どもの嫌がらせレベルの小賢しい対立がいっぱいあって辟易しますね。

やー!
スポンサーサイト
( 2010/03/02 03:02 ) Category 雑文 | TB(0) | CM(2)
そんなブラック企業みたいなことがあるのか~(-ω-;)
屈折しているのは嫌だなぁ。

GJくんが言いたいことは、何となくだけど分かったよ。多分、他の読者さんにも伝わっていると思います。


ところで1コ前のブログの話になるけど、全裸で料理したらヤケドするんでないかい?(^^;)
[ 2010/03/03 19:58 ] [ 編集 ]
まあ全くもって僕の主観の話なんで、何が正しいかは判断つきかねますが…。
平和がいいよね、なんて平気で言っちゃう甘チャンです。

全裸で料理する時は、水分含んだもので油はねしないよう注意が必要です。
基本的には、ものすごく速く動けば、大丈夫です!
[ 2010/03/05 21:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
DigitalClock
プロフィール

GJ

Author:GJ
力いっぱい札幌で活動しています。
俳優・演出家重堂元樹の日記帳。
劇の仕事、なんでもやります。
次回は2013年3月、新作!
劇団員・出演者募集中!

僕の一言
バロメーター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。