GJ日記・改

北海道、札幌で活動する劇団、 「演劇公社ライトマン」総裁GJが綴る何某。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

惚れてしまうやろうが!2! 

先日胃カメラ飲んだんです、胃カメラ。
お医者にも、大変だったねって言われるくらいオエオエなって、泣きそうっていうか、泣いたんですけど。

お医者はね、

「苦しかったら鼻で息してくださいね」

って言うんですけど、自分、鼻炎なもんで鼻呼吸出来ないんすよ、オエオエなって涙やら鼻水出まくるし。
でも口には既に器具が挿入されてますから、喋られませんよ。

「フゴッ!フゴーッ!」

とか言って、拉致されて口に猿ぐつわかまされた人みたいになりながら、必死に鼻を指差して、×印作ってアピールすると、

「鼻詰まってるんだね~、でも口でも息は出来るよ。」

無限ループって怖いですよね。
で、僕はもうね、死ぬ!これは死ぬ!
とか思っちゃって、でも何も出来ない!怖い!
と、悶えていたらですね、何か背中に温もりが!

看護士、看護婦、ナース!
の人が!
背中をさすってくれている!
な、何という安心感!
これは、なんだこの安心感は!
暖かい!暖かいよ!
看護婦さぁぁぁん!

と言う訳でね、落ち着きを取り戻した僕は、何とか無事検査を乗り切ったのでした。
いやー、あれだね、白衣の天使とはよく言ったもんで、ホント、感心しましわ。
手から何か出てるね、あの人たちからは、うん。
もしこれが戦場だったら、絶対に恋に落ちるね。

いやーでもね?
オエオエ苦しんだワタクシが、決して弱虫と言う訳ではなく。
一つの疑問があるわけです。
検査の事前にね、喉に麻酔をするんですが、何かドロッとしたものを喉に流し込まれるんですよ。
で、これが凄い苦くて、やっぱり僕はオエってなっちゃって、吐き出しちゃったんです。
すると看護婦さんは、後で違うもので麻酔かけ直すから大丈夫ですよ、と去っていったんですね。

そう、ここまで書けば、察しのいい読者諸君はお気づきですね。
その後、来なかったんですよ!誰も!
そしてそのまま、検査が始まってしまったんですよ!
で、冒頭に戻る訳です。

あれかい?
ナースのマジックハンドが麻酔がわりってかい?
だっ、騙されないぞーう!
ピギー!

と、言うお話。
オチ?
ねぇよ!

何より辛いのは、絶食ですわ。

次回!
GJ、尻からカメラを入れる!
この次も、サービスサービスゥ!

やー!
スポンサーサイト
( 2010/01/21 20:38 ) Category 雑文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
DigitalClock
プロフィール

GJ

Author:GJ
力いっぱい札幌で活動しています。
俳優・演出家重堂元樹の日記帳。
劇の仕事、なんでもやります。
次回は2013年3月、新作!
劇団員・出演者募集中!

僕の一言
バロメーター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。