GJ日記・改

北海道、札幌で活動する劇団、 「演劇公社ライトマン」総裁GJが綴る何某。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

その日は沢山公演があるんです。 

3月16日

われわれが公演を行う日なんですけどね。
気がつけばその週は、市内でびっちり公演が催される週となっていました。
その中、たった一日、三回公演しかない我々の劇、それを観て頂きたい。

なんというかこう、能動的に楽しめる、そんな劇を目指しています。
もちろん、受動的に楽しむということの意義も理解していますが、
僕はやはり、人間が時間を割き、劇場まで足を運ぶからには、
前者の時間を過ごしたい、そう思います。
人間には考える脳みそがあって、なんと、想像力まで備わっているのです。

大人気漫画、テラフォーマーズでも言っています。
なんかそういうことを。
すげー強いゴキブリ人間に、人類はめっちゃ嬲られるんだけど、
脆弱な人類の勝機は、想像力があり、臆病であるからこそ云々みたいな。

来るべき火星圏での決戦に備え、存分に人類の想像力を喚起すべく、
我々は劇を発表するのです。

「地球」を 嘗めんなよ

そんな気持ちです。
んで、それを実現するためには何をするべきか?

ひとつの形として、
「興味を持つ」
これを大切にしようと思っています。

俳優が、自己以外の事象に興味を持つ。
これは非常に重要です。

舞台に立つ俳優には、多くの事が求められており、
かつ、彼らは一般よりも比較的自己顕示欲モンスターであることが多いのですが、
それは、興味の対象が自己に向く、というリスクに直結していると思います。

今、僕が求めるものとしては、
その衝動をぐっと堪え、しっかりと他者へ興味を注ぐこと。
これにつきます。

そうしてそれが伝播していくうちに、大きなうねりが生まれて、
ゴキブリ人間にも打ち勝てる強大なエネルギーになるのではないか?

そういった仮説を立て、日々、検証を繰り返す為に、稽古を行っています。

おおよそ二ヵ月半の間それを続け、結実する、たった一日。
その貴重な瞬間をぜひ、目撃していただきたいと、そう思っているのです。

最後に言いたいのは、僕も成功確立36%のモザイクオーガン手術を受けて、
人為変態できるようになりたいということです。

面白いので、ぜひ一度読んでみてください、テラフォーマーズ。

やー!
スポンサーサイト
( 2013/02/21 10:24 ) Category 雑文 | TB(0) | CM(0)

演劇公社ライトマン新作公演への道 

どうもお久しぶりです。ツイッターにかまけてすっかりブログの更新を怠っておりました。
劇団ホームページも公演仕様に更新され、チケットの販売も始まったので、これを期にブログも!
頑張って更新していきたいと思います。

しかしまあ、あること無いことおもしろおかしく書いて、ヘイヘイ!とか言う年頃でもないので…。
演劇に対する考え方など、揉め事にならない範囲で、個人的な偏った見解を吐露していくことにしましょう。

まず、ジャブがてら初回には、われわれ演劇公社ライトマンのことを。

そもそもは、ワタクシ重堂が演劇を始めた事が事の発端です。
それが、十年もの間に、延べ何十人という人が関わり、延べ何千人という人が観劇…
とんでもないことです。感謝しないと、来世は暗い海の底で大王イカに貪り食われて終わることになります。
どうもありがとう。

そう、気がつけば十年選手なのです。
大学に入学して、演劇サークルで劇を始めたんですね。
本当はラグビー部に入ろうと思っていて、見学まで行き、レギュラー間違いナシだよ!
と大歓迎をうけたものの、その部には試合を行えるだけの人数がおらず、
そりゃあレギュラー確定だろう!という、そんな出来事を経て、演劇をすることになったのです。
もしラグビー部に入っていたら、今よりもっと筋骨隆々で、
ネアカなスポーツマン的充実した社会人になっていたことでしょう。
ラグビー部が部員不足だったために、今では、夜な夜な真っ暗な稽古場で踊り狂い、
延々安部公房の戯曲を練習する、マッド演劇人になってしまったのです。

すべては感謝、感謝の台本読み一万回です。

と、言うわけで、始めた演劇、これがまた面倒なシロモノで、やってもやってもどうにもならない。
俺のアレでどうにかならなかったナオンちゃんはいないんだぜ?
と、意気軒昂に取り組むも敗北の連続、こりゃあいっちょ海原に飛び出してみるかと、
当時札幌市で隆盛を誇っていた某劇団のオーディションを受けたのが最後、
大きな人生のターニングポイントを迎えることになったのです。

毎日毎日、丘珠のたまねぎ倉庫に連行され、ぶん殴られながら稽古をし、
クレイジーな先輩に出番の最中延々と齧られながら劇に触れました。
なんだかよくわからないうちに秘密基地みたいなところに連れて行かれたと思ったら、
そこでは、自分の父親くらいの年齢のおっさんが、昼間から酒を飲んでいました。

まさに、屁のツッパリはいらんですよ、とんでもない闇を見たぜ…。
お前が闇を覗き込むとき、闇もまたお前を覗き込んでいるのだ、とはよく言ったもので、
僕は進んで、その闇に足を踏み入れていったのです。

そうして、大学の部活動では飽き足らず、結成したのが演劇公社ライトマン。
もう八年とか、九年、延々と基礎稽古ばかりしたお陰で、次回でようやく11回公演です。
超!色々あったけど、そんなことは何をやっていても当たり前のことで、
大切なことはどんな演劇を僕たちがやって、皆さんに見てもらうかということ。

僕は、継続ということの重要性をとても感じています。
やはり、劇団という形で、研鑽を積み重ねる、これは大事なのです。
もちろん、その場限りのチームが放つ輝きも眩しくうつるのですけれども。
僕には、積み重ねられた小さな事柄が、とても大きく感じられます。

何しろ演劇自身、先人たちが試行錯誤を経て、積み重ねてきたものですから、
それを受け止め、そして、これからにつないでいく為に、繰り返し、研究、研鑽していきたいのですね。
そこに個人の事情、感情が介在する余地はまったく無いとすら思っています。
ひいてはそれが作品作りにも反映されると思っていて、自分はそのつもりで劇を作っています。

なんの話だかわからなくなってきましたけど、
そんなことを考えて、そんな風に劇を作っている僕たちの公演が、3月16日に行われる、そういうことです。
ぜひ、予定を空けて、観に来てくださいね。

僕なりの、演劇の形をお見せします。
ちゃあんと、エンターテイメントもするつもり。

やー!
( 2013/02/04 03:30 ) Category 雑文 | TB(0) | CM(0)
DigitalClock
プロフィール

GJ

Author:GJ
力いっぱい札幌で活動しています。
俳優・演出家重堂元樹の日記帳。
劇の仕事、なんでもやります。
次回は2013年3月、新作!
劇団員・出演者募集中!

僕の一言
バロメーター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。