GJ日記・改

北海道、札幌で活動する劇団、 「演劇公社ライトマン」総裁GJが綴る何某。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ますますもって普通。 

すごい普通…っ!
平和…、平穏…っ!
………圧倒的日常っ!

そんな毎日ですー。
ですぅー。
バブー。

辛そうで辛くない、でも少し辛いラー油。
流行ってますね。
流行りに乗るのは苦手な、不器用な僕ですが、食い物だけは別っ!
プライドじゃあ腹は膨らまないっ!
試食…!圧倒的試食っ!
食ってみたい、いろんなものにかけて!
…がっ!ダメっ!
売り切れ…、皆無、在庫無しっ!
情報弱者には手に入れる事すらできないっ!
…特権っ!コミュニケーション力に溢れ、幅広いネットワークを持つ者に許される権利っ!
鮮度の高い情報を得て、望みの物を確実に手にする…!
それができない者はますます…、ますます欲する!

頑張れ工場!

と、言う訳で、食べたいものも食べられないそんな世の中にポイズン、余計な事ばから考えて満足を得ます。

「きもそうできもくない、でもちょっときもいフレンチ」

どうだろう。
このキャッチコピー。
我らが演劇公社の看板俳優のフレンチを理解してもらうのに、実に最適ではなかろうか。
ラー油にあやかって、ピリリとパンチの効いたおいしいヤツになっていけるんじゃなかろうか。

ちなみに看板女優ひのきやは、「細そうで細くない、いやすいませんすごい細いですひのきや」
です。
ガリガリです。

ちなみに僕は、「辛そうで辛くない、いやすいませんすごい辛いです気の利いた事思い付きませんGJ」です。

もうこの話題はいいだろ!
ウオアアア!

そうそう、演劇公社に、新しい仲間が増えました!
なかじままこと君と言う、若者です。
稽古見学にきたその日に入団した、なかなか気骨のある若者です。
その実力はまだまだ未知数ですが、その行動力は買いです。
続報を待て。

今日はもう面倒なのでおしまい!

最近あった出来事は、また今度書きます。
大した出来事はないです。

やー!
スポンサーサイト
( 2010/03/31 19:05 ) Category 雑文 | TB(0) | CM(0)

とてもふつうです。 


自転車で転んだ翌日から、若干首がムチウチ気味なことを除いて。
ムチウチって、ホント翌日からなんだね。
転んだその日は、強かに打ち付けた右尻が痛かっただけなのに…。
こりゃあ、交通事故は揉めるわ。
後から「首痛い!」言われてもわかんないし。
言う方も、ホントだとしても、後からジワジワくるから、なんか後付けっぽくて怪しまれるし。
そんなね!嘘ついたり悪いことする奴がいるから、駄目なんですよ!
現実的には難しいけど、性善説に基づいて、油断して生きていきたいですよね。
俺が油断するのが先か、お前が油断するのが先か…。
人質と身の代金を同時に交換するときの駆け引きみたいな、ね。
やめて!生き馬の目を抜かないで!

たららーっ!

さて、前回の日記から、特に何があるでもなく、平穏な日々を送っていますが。
強いて言うなら、白鵬強い!
ということでしょうか。
いやー圧巻ですわ。
日々平穏過ぎて、久しぶりにちょっとじっくり大相撲中継とか見たぐらいにして。
朝青龍引退してどうなるのかなあなんて考えてたんですが。
正直、最近は朝青龍ばっかり気にかけてた程度のにわか相撲ファンだったんですが、白鵬の取り組み見て感心しました。
結びの一番までの取り組みも、そりゃあ見応えがあって、力士マジかっけぇと大興奮なのだけれども!
白鵬は格が違いましたね。
抜群の安定感。
がっしりした下半身に、締まった上半身。
横綱ってすげーんだなーやっぱ!
僕も横綱になりたい!
そんな平穏な日々。

後はなにかなー。
ああ、あの、東区の市民劇をみてきました。
やまびこ座のオニオン座。
どっちがどっちだみたいな感じですが。
やまびこ座という劇場の、オニオン座という劇団。
回帰線の西脇さんが毎年演出している企画ですね。
市民劇になる前、よく出させてもらっていました。
昨年から、市民劇と言う形になって、僕もちょっとだけ手伝ったのです。
その、二回目の公演。
いやあ、面白かった!
何というかこう、積み重ねの大切さを改めて思い知らされましたね。
年齢層的には、おっちゃんおばちゃんと、キッズがメインの集団で、今回は40人近くキャストがいたのだけど。
西脇さんのシナリオが、たくさんのキャストを面白ろおかしくまとめてて、すごいなあ~と。
僕も頑張りたいです。

そのほかここ何日かは、いろんな会議的なものに参加して、はあ、どこも大変だなあと言う感想を持った次第。
抽象的だけどさ。
そんな勝手に具体的に発表できないでしょ。
あれだよ、プレゼンテーションって難しいですよねっていう。
プレゼンテーションする側とされる側の温度差や情報所有量の違いを認識して、上手にやらないといけないよな、と。
それが難しいんですけどね。
かつ、ズルくさくならないように、と言うのはより難儀。
人は結構平気で、自分に有利になるように手練手管でうまいことやっちゃいますからね。
それがダメって訳じゃあなくて、立派な手段の一つなんだろうけども、個人的にイヤだなっていう。
スウィートな若者だから、清廉潔白でありたいとか思ってしまう訳です。

負け戦を勝ち得てこそ、真の武士なんじゃねって言う。
21世紀の歌舞伎者になりたいですね。
なるべく目立たずにね。
そして歴女をキャン言わせてやろうじゃねえの、みたいなね。
北海道は、あまり有名な武将と縁がないから、昨今の武将ブームにのっかって一儲け、なんてしづらいから大変ですね。
でっかいお城がある都市は、観光資源盛り上げたり、雇用創出したりしてる模様ですからね。
求人欄に
職種 足軽
主な勤務地 城
なんてのみつけて、たまげたいですよね。
札幌じゃあ、雪祭りの期間くらいしかデカい城なんてありませんからね。

だが、それがいい。

最近は、花の慶二の漫画を読み返していますが、あれ、面白いね。
子供の頃、少年ジャンプで読んだときより、面白いです。

無論オムロン、今のジャンプも面白いのです。
なっなれねぇ!
クールな大人になれねぇ!

惚れ申したーっ!

やー!
( 2010/03/22 19:00 ) Category 雑文 | TB(0) | CM(0)

邪な事を考えるとよくない。 

僕のお母さんは「雅子」って言うんだけど、子供の頃、漢字がよくわからなくて「邪子」って書いたら、「あたしはよこしまじゃない」って言われたのを、今日の日記のタイトルを書いて思い出した。
うまいことツッコんでるなと今ならわかるけど、子供の時分に漢字わかんなくて間違えてんだから、そんなウィットに富んだツッコミされても困りますよね。

という事を書いてたら、僕はよく人から、「ボケやツッコミが小難しくてわかりづらい」と言われる事を思い出し、これが血筋かと気がつきました。
という事を書いてたら、というのを繰り返していると、合わせ鏡の無限の世界みたいに、抜け出せなくなるんじゃないかと心配になってしまったのでやめます。
人付き合いが苦手で億劫なのは、父に似たんだと思います。
子供の頃から、二十歳過ぎくらいまでは、そういう風に、家族に似ていく事に抵抗があったんだけど、なんだか最近は全然そんな事ないなあ。
なんかもうしょーがねーな的な。
良くも悪くも。
感謝しなくちゃね。

さて、タイトルの話に戻ろうか。
最近は、稽古場として入居しているあけぼのA&Cセンターに、いろいろあって入り浸ってるんですが、そこで活動している書道教室の先生がすごい美人で、ちょっと僕書道やろうかしらなんて考えてたら、自転車で盛大にこけた。
右尻を強打した。
カバンの中に入っていた買ったばっかりのCDのジャケットに傷がついた(最近、メタルとかスラッシュが好きな事に気がついた)
皆さんも、不純な気持ちもっちゃいけないですよ。
危険ですから。

さて、最近の事柄を綴ると、何だろうなあ。
ああそうだ、ちょっと前に、我らが渡邊ヨシさんの、引っ越し祝いに新居に行って、怪獣や3ぺぇ団の人たちと久しぶりに飲みました。
フレンチが、飼い犬を愛でていて、生まれて初めて愛に目覚めていたけど、帰る頃にはベロベロに酔っ払って暴言吐きまくりだったから残念。
酔う度に俺に喧嘩売るのはやめた方がいい。
もし俺が戸愚呂(弟)クラスの実力者だったら、大変な事になる。
そんな事はさておき、渡邊ヨシ夫妻は幸せになればいい。
うん。

あとはなんだろうなあ。
最近は、作らないまま放置されてるプラモデルの作成に着手し始めた。
マスターグレード、イングラム。
パトレイバー大好きなんです。
楽しいけどマスターグレードは時間がかかるぜ。
ジムとゴッドガンダムがあとに控えてるからな!
頑張れよう。
終わったらユニコーンガンダム買うんだ。

あと、劇を観た。
ウォーター3339の水の戯れ。
前の、岸田國男の時、面白かったから、オリジナル脚本はどうなるんだろうと思って観にいったら、半端ないペラペラの座布団の桟敷席に当たってしまい(腰が悪いから、早めに行ったんだけど、入れ替えナシの公演だったから既に満席だった)
腰もげるかと思った。
むしろもげた。
劇は、作りが予想と違った。
違ったからどうと言う訳ではなく、ああ、そうかーと感心しました。
二作上演だったので両方見たかったけど腰が限界なので諦めた。
その後、あけぼのルームメイトのフルブリーチの稽古を見学に行った。
仲良し二人の稽古は微笑ましかった。
かとうしゅうやさんから、辛辣な意見を!とリクエストされたけど、僕は個人的にしゅうやさん贔屓なので(あの常にアメリカンジョークを話している英国紳士のような飄々とした雰囲気が大好物。矛盾した表現だけどね)
大した事は言えなかった。
パッと観ただけじゃ、求める方向も正確には理解出来ないし。
ただ、稽古が上手くはまれば、相当面白くなるんじゃないかなあ、と、最近の中ではスマッシュヒットの予感がしました。
みんな、本番観に行こう。

最後にあれかな、ライトマンのマドンナ、ういこさんのバンド、ジプシーローズのライブをみにいったことを書こう。
途中、他の出演バンドのメンバーが遅刻して、始まらない等のアクシデントを挟みつつ(漫画でみるようなお決まりの展開でびっくりした。当事者のバンドは、意気消沈し過ぎてかわいそうだった。バンドマンなら開き直れよ!と応援してしまった)
なんとも言えない空気の中、表れたジプシーローズは、全てを吹き飛ばす素晴らしいパフォーマンスをみせてくれた。
昔、一年間一緒にライブに参加させてもらってた時よりはるかにパワーアップしていて、改めて感動した。
積み重ねって大事!
と強く感じた。
僕は積み重ねられているだろうか。
なんて事はどうでもいい、とにかくういこさんがかわいかったんだ。
おっぱい出してたなあ。
その後、猫ひろしはチンチン出してたなあ。
ホント、ライブハウスとかクラブとか、怖いですね。
劇場でチンチン出したら怒られちゃうもんなあ。
猫ひろしも面白かったしなあ。
フレンチもどうせ酔っ払ってチンチン出すなら、猫ひろしくらい面白くなってくれたらなあ、と強く思いました。

今度の芝居は、ひのきやがおっぱい出して、フレンチがチンチン出す芝居にしたら、怒られるかなあ。
文章最長記録の本日の日記。
最後まで観てくれたそこの君だけにお知らせだ。

ライトマン、次回公演6月末だ。
やるぜ。
今月中に言ってくれたら、出演も検討できるぜ。
地味に真面目に紳士淑女的に努力したい君、ブロイラーの餌みたいに流し込まれる素敵なエンターテイメントよりも、自分で雑草探しにいきたい君、

やらないか?

ウホッ!いい男!

やー!
( 2010/03/17 02:34 ) Category 雑文 | TB(0) | CM(4)

俺はまだ…! 


またまた鶏胸肉丸焼き。
今回は、芋もグリルで焼いてみた。
うまいっすわ。

先週金曜日は、我らがイケメンこと田村氏の企画の公演を観てきたのだった。
チェーホフのプロポーズと言う短編。
かなり前にチラッと読んだきりだったので、内容も覚えてなかったから新鮮に見ることができた。
琴似のアミカで一回こっきり。
客層も、普段の公演より一般客が多め。
田村氏の女装にキャッキャする女の子達が大変まぶしかった。
お疲れ様っす、イケメン。

さあさあさてさて、最近は稽古もなんとかかんとか希望が生まれ始め、春の足音とともに、我らにも何か暖かいものが、訪れそうだとかなんだとか?
そんな毎日です。

そこに、個人的希望も見いだせたらなあなんて思っていたら。
きた!きたきたきた!
でっかい希望が、満ち満ちた希望が!
やっぱりヤツは、僕の期待を裏切らないぜ!
ガンッダァァム!
いやーガンダムユニコーンまじ面白いですわ。
宇宙世紀新作と聞いて、テレビシリーズかと思っていたら、OVAでガッカリしてたんですけどね。
でもでも!
OVAだけあって、クオリティの高いこと…。
久しぶりにオラ、ワクワクしちまったぞ!
かっけぇよ、ユニコーン!
続きが楽しみです。
オラ、こいつが完結するまでは何があっても生き抜く覚悟ですぞ!

エヴァもいいけど、やっぱりガンダムだなあ。
子どもの頃から観てるってのもデカいよね。
デカい!キレてるキレてる!
だって、僕の地元はテレ東入らないから、エヴァ、リアルタイムで見れなかったんだよぉぉ!
だから、ポケモンもろくに知らなかったんだ。
エヴァじゃなく、Gガン、ガオガイガーで育ったから、今の案配なんだろうな。
リアルタイムでエヴァ観てたら、絶対中2病こじらせてたよ。
そんな僕はただの田舎のわんぱく小僧でした。
しかも、今話題の学○院の学級崩壊児童バリの…。
父ちゃん母ちゃんがモンペじゃなかったから、ちゃんと大きくなれたんだね…。
紙一重だったぜ!

さて、なんだ、ガンダムの話か?
まあもういいだろう。
リゼルかっけぇって事で。
弱いけど。

ビルギットォォ!

やー!
( 2010/03/10 02:18 ) Category 雑文 | TB(0) | CM(0)

リリパットステップ。 

マザー2ね、マザー2。

まあ相も変わらずチマチマと稽古してますが。
いいことあったから書くよ。

この一年僕は、これまでのように、いろんな劇団に客演してきたよ。
お上手ではない僕の長所はやる気と根気と体力だったのだけど、この一年猛烈に体調を崩し(このことに関しては、また別の機会に詳しく書こうと思う)、数少ない頼どころが消滅した僕は大変自信を無くしていたんだ。
そんな時に演劇のこと考えてもあんまりうまくいかないのは明白で、いろんな劇団でいろんな演劇をやっていくうちに、大変なアイデンティティクライシスを起こしてしまったのです。

「何のためにセリフを喋るのかわからない」

大変です。
なんで演劇やるのかとか、そういうモラトリアム的な、個人の問題を抱えるとかそういうんじゃなくて、なんだかおかしな疑問を抱えてしまったのです。
誰と何をやっても、
「わあーセリフ上手だなあ」
とか変な感想抱くばかりで、
「さて、僕はこれに返事しなくてはならないのだが、何故その必要があるのだろうか」
とか
「別にこのまま黙っていてもいいんじゃないか」
とか
反抗期の10代みたいなことばっかり考えていました。
多分に、表現の仕方に誤解を生む要素がある気がしますが、上手に受け取ってください。

で、まあそのままじゃラチがあきませんから、都度都度現場のシステムにのっとって思考し、なんらかの答えを見いだしてやってきたのです。
でもあれじゃないですか、都度理解して納得したつもりでも、もっとこう、欲しいじゃないですか。
理解した瞬間、頭の上に電球がつくみたいな、恋愛で言えば、ビビビっと来た、みたいな。
ヘレン・ケラーが、水の存在を理解した時みたいな。
……そういう…、そう、圧倒的っ!
圧倒的理解っ!
圧倒的納得っ!

大人は質問に答えてはくれないじゃないですか。
地球の重力に魂を引かれたオールドタイプでは真実に辿り着けないじゃないですか!
それはエゴじゃないですか!

と言う訳で、根本的解決をするべく、日々精進しているんです。
そこで迎えた先日のライトマン稽古。
またいつもの台本冒頭をやってるんですが、最近は、台本離してやってるんですね。
で、一言喋ってはやり直し、二言喋ってはやり直し、というのを延々とやってます。
なんだかこれだけ聞くと、大変な苦行みたいな感じですが、建設的な意見交換しつつ仮説を立てながらの検証作業なので、むしろ超楽しい。
そんな繰り返しが実を結んだのか、ついに、ようやく!
めっちゃ普通に喋ることができたのです。
喋りはじめ、聞き、応える。
それを続ける事ができたのです。
普通に喋ると言うのがミソ。
上手になったわけじゃないんです。
ここから、稽古を繰り返して、表現、というような事に挑戦していかなくてはならないのです。
稽古を繰り返して繰り返してやっと、スタートラインに立てたのです。

イイヤッフウ!
たーんのしーい!

やっと帰ってきた感じです。
今ならあるよ、喋る必要。

一筋の光明。
これがありゃあどんぶりメシ3杯はいけるよ。
これがありゃああと三年は戦えるよ。

ああ、良かった。

なんか誤解招きそうだけど。
違うんだ!
常に勉強して行きたいんだ!
俺は、赤ちゃんなんだ!

やー!
( 2010/03/05 17:45 ) Category 雑文 | TB(0) | CM(4)

久方ぶりの衝撃。 


稽古場近くの喫茶店のメシ。
安くてデカくてうまい。
昔あけぼのを使ってた頃よく通った店。
またあけぼのユーザーになった今、久しぶりのその店は、何も変わっていなかった。
ベタつく美味しんぼに、くすんだメニュー。
孤独のグルメに出てきそうだな、なんて。
大変よろしい。

さて、今日のタイトルはそのことじゃなく。
先日観劇した笑いの内閣と言う劇団について。
京都から遠征してきた劇団だそうで、劇中で実際にプロレスをやるのがウリの集団。
劇の内容に触れるのはよしますが、やたら大勢でしっちゃかめっちゃっか2時間半もやるスタイルは、今はなき某劇団を思い出しました。

何に衝撃受けたかったって、そのプロレスね。
端折らずしっかり5試合くらいやるんだけど。
女子もちゃんと戦うの。
それがウリだから、皆さん筋骨隆々だと思うでしょ?
それがね、誰一人たくましい人いないの。
むしろもやしっこばっかりなの。
色白な人なんか、叩かれ過ぎて真っ赤になるどころか、内出血して、虐待された人みたくなっちゃうの。
後ろで観てた女の人、「うわぁ…」
って言ってたからね。

そんな衝撃。
でも良かった。
なんて言うの、ひたむきに肉体と闘う姿に感じ入るものがある。
しかも、プロレスって言う理屈に沿って、嬉々としてやってるのが良い。
愛があるよね。

ほら、たまに演劇だと、マジで稽古中に人殴っちゃう方だとか、嫌がらせかのように身体的に無茶させられるとか、ブラック企業みたいな事あるじゃないですか。(あるんです)
まあそんな行為にも理屈や愛はあるんだろうけど、屈折してるよなって感じるじゃないですか。

理性を勝ち得、思考を許された人類なんだから、わかる言語でコミュニケートしたいじゃないですか。
で、プロレスだって無茶するじゃねぇかって思うかもしれませんが、あれは、お互い同意の上で、肉体言語を駆使して語り合ってる訳ですよ。
それが手段であり目的、みたいな。
暴力は、目的のための手段でしょ。
恐ろしい。

何が言いたいかって?
もうわからん!
健全で良かったって話かな?


先週末はそれとは別に、怪獣無法地帯も観ました。
こっちは、打って変わって一時間くらいの劇。
肉体言語駆使することも、暴力もない優しい劇でした。
でもどうして僕は観てる間中、胸が痛かったのはなんでなんだぜ。

おう、今日の日記はずいぶん力作だねぇ。
回数少ない分を、文章量でカバーしようって魂胆だな!
浅はかなやつ!

あと、にちゃんねるが、サイバーテロにやられてる。
すげーよなー、こんなんもう戦争だよな。
近代は、先進国間では直接戦争行為が行われることは殆ど無いけど、
こんなんしてたらマジで戦争になるんじゃねえの?
って言う、子どもの嫌がらせレベルの小賢しい対立がいっぱいあって辟易しますね。

やー!
( 2010/03/02 03:02 ) Category 雑文 | TB(0) | CM(2)
DigitalClock
プロフィール

GJ

Author:GJ
力いっぱい札幌で活動しています。
俳優・演出家重堂元樹の日記帳。
劇の仕事、なんでもやります。
次回は2013年3月、新作!
劇団員・出演者募集中!

僕の一言
バロメーター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。